Japanese English

 

      西方極楽浄土と地獄

 

人間界からみて西方10万億の仏土を隔てた場所にある、阿弥陀仏が守っている浄土です。 日本ではこの仏様一体の中に、無量寿と無量光の2つの意味が含まれますが、チベット仏教ではお姿そのものも分けて描かれます。

上の絵は、極楽浄土とその下に地獄絵が付け加えられたもので、浄土の中央に座しているのは無量光仏です。そのすぐ上には、ブッダとその二大弟子であるサーリプッタ(舎利弗)とモッガラ-ナ(目連)が、さらにその頭上には、五智如来が描かれます。無量寿仏の両脇には観世音菩薩と金剛手菩薩をはじめ、8人の菩薩が、そして、その下にはチベットに仏教を伝えたと言われるパドマサンバヴァも描かれています。そのすぐ下の蓮華の池からは、次々と子供が宿り誕生していきます。

この極楽浄土では、煩悩に悩まされることなく、心身ともに苦しみを味わうことなく生きられるそうです。その相対する立場は六道輪廻の世界であり、修行をしてこの輪廻から脱することで、極楽浄土に向かうことができると言われています。

o

 

      The western Pure land of Amitābha Buddha and Hell

 

Amitābha Buddha lives in this pure land where is in the west direction from Jambudv Jambudvīpa. The Buddha who has red body Sitting in the center is Amitābha. Just above the Amitābha is Buddha Śākyamuni with two great disciples, Śāriputra who was so diligence and Mandgalyāyana who was skilled in ability of the miracles. Their overhead there are Five Dhyani Buddhas in five colors. Avalokiteśvara and Vajrapāņi are standing in Both sides of the Amitābha’s throne. And six Bodhisattvas are followed around them, each Mañjuśhrī, Avalokiteśhvara, Maitreya, Kshitigarbha, Akashagarbha, Sarvanivaranavishkambhin and Samantabhadra. In total it is said eight auspicious Bodhisattvas. Under the throne there is Padmasaṃbhava and children are born in sequence in lotus pond. This picture is depicted hell on the lower side for making person feel to practice hard to liberation. When we get out from samsara and arrive this pure land, it is said that we don’t need to have any negative feelings.