Japanese English

 

      クルクッラ


中央で弓矢をかまえる赤い尊格を、クルクッラといいます。異性の愛を射止める敬愛法の本尊となる女性尊です。周囲には、金剛(青)、宝(黄)、蓮華(赤)、羯磨(緑)の四部のダーキニーを従えています。蓮の花の下の六角形の赤いマークはマンダラです。
上空で亀に乗っているのは文殊菩薩で、そのまわりを4人の優秀な弟子がとり囲んでいます。それぞれ、象に乗っているのが仏陀釈迦牟尼。虎に乗っているのが、チベットに仏教を伝えたパドマサンバヴァ。龍に乗っているのが、すばらしい通訳者であったとされるヴァイローツァナ。そして、白いライオンに乗っているのが時輪、カ-ラチャクラを意味します。

 

      Kurukulla

 

Holding the flower bow and arrow in the center is Kurukulla. She is also one of the 21 Taras mentioned in the Tara tantras. She is followed by a four colors dakinis around. Manjusri is riding on the turtle surrounded by four excellent disciple on the sky.Each riding on the elephant is Buddha Śākyamuni, riding on the tiger is Padmasaṃbhava who brought Buddhism in Tibet, riding on the dragon is Vairotsana who was great translater, and riding on the white lion is the meaning of Kālacakra.