Japanese English

 

      六道輪廻図

仏陀は月の中に現われている六道輪廻図を見て、左に書かれた言葉をつぶやきます。「この世はなんと終わりのない悲しみに満ちていることか、一生懸命修行をして、さとりを得ることが出来なければ、永遠にこの苦しみから抜け出ることは出来ないのだ。」
円輪の、外側の12コマの物語は、無明、行、識、名色、六入、蝕、受、愛、取、有、生、老死を表した十二支縁起です。その次の6コマは、右上から右回りに、私たちの世界である人間道、お腹がすいてのども渇いているのに、何も口にすることが出来ない餓鬼道、地獄道、畜生道、阿修羅の住まう修羅道、そして、真上が天上道をあらわしています。餓鬼道、地獄道、畜生道の3つを三悪趣、人間道、修羅道、天上道の3つを三善趣といいますが、どこに生まれ変わっても、輪廻の中にいる限り、永遠の苦しみから逃れることはできません。チベット仏教では、この輪廻の世界から抜け出る唯一の方法は、人間界に生まれ、修行を積んでさとりを得ることであるとされます。
1番小さい円の中に描かれた動物たちは三毒をあらわします。それぞれ、鶏が貪(むさぼり)、蛇が瞋(怒り)、豚が癡(無知)を表しています。この大きな円輪を、恐ろしい顔をして抱え込んでいるの が、ヤマラ-ジャ。地獄の大魔王です。

 

      The wheel of life

 

Buddha muttered to see in the moon that the sentient beings who suffer in samsara.“How full of suffering in this world! We should liberate from samsara to practice hard in Buddhism.” Outside of this circle is the twelve links of dependent origination, clockwise from top right, Ignorance, Formation, Consciousness, Name and Form, Six senses, Touch, Feeling, Craving, Grasping, Becoming, Birth, Old age and death. Frame of the next six is desire realm, clockwise from top, God Realm, Human Realm, Preta Realm, Hell Realm, Animal Realm, Asura Realm. God and Asura and Human Realm are called “Three upper Realm”,Animal and Preta and Hell Realm are called “Three lower realms”It might seem that God Realm is better than Human Realm, but only when we are born to human and practice hard, we can liberate from samsara. The inside of most small circle represent “Three poisons”,pig is ignorance, bird is attachment, snake is aversion. Monster that has this wheel with frightening face is god of death“Yamarāja”.